HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TVアニメ版「 下級生 」レビュー 第12章 「 揺れる冬木立 」


TVアニメ版「 下級生 」レビュー 第12章 「 揺れる冬木立 」



 さて今回の「 下級生 」は、 「 自分の気持ちに正直な 」 行動をはじめた「 美雪 」とその周囲の人々の顛末を描いた回。
「 愛 」ちゃんとの友情に揺れながらも、「 剛 」に強く惹かれる「 美雪 」の切なさに全編覆われていて、
「 美雪 」ファンにとっては堪らない回でした。
また、親友に裏切られて、どうしていいかわからずに戸惑う「 愛 」ちゃんの姿も印象的でしたね。




 ~ 決して愛してはいけない筈だった。
でも少女は気付いてしまった。
月の光がこぼれるようにとめどなく溢れるあの人への想い。
友情と愛情を載せた天秤が今大きく揺れ動く。 ~






 昨夜、「 剛 」の寮の前でびしょ濡れになっていたのが原因で、さすがの「 美雪 」も風邪引きです。
そんな時、「 愛 」ちゃんが昨日の報告にやってきたんですが、気持ち的に会えないのですね・・・・・。






 さて、悪者役の「 晴彦 」が「 美雪 」宅にお邪魔。(-_-;)
お母さんが昨日送ってくれた「 剛 」と勘違いしたものだから、
『 「 晴彦 」をフッた後に「 剛 」と会っていたことを「 愛 」ちゃんに告げ口する。 』と「 美雪 」を強迫しますが、
「 どうせ何時かバレるんだ。 」と観念した「 美雪 」は、「 勝手にすれば。 」と。
のれんに腕押しの「 晴彦 」でしたが、このあたり、対峙する「 美雪 」と「 晴彦 」のシーンの演出が秀逸でしたね。
鹿島監督の優れた手腕を感じます。







 そんな訳でしたが、とうとう「 晴彦 」と「 愛 」ちゃんが、街中でバッティング。
「 晴彦 」が昨夜の事をペラペラと喋っちゃいました。
しかし、「 お互いふられた者同士ということで、ブレイクした2つのハートを修復しあわないか ? 」とはねえ。
涙ポロポロの「 愛 」ちゃんの胸中は如何なものだったでしょうか。




 我慢できずに「 土下座 」にやってきてしまった「 美雪 」です。
買い物に付き合って欲しいと「 剛 」におねだりする訳なのですが、何やら意味がありそうな。





 マスターのOKが出て、街へ出た2人ですが、堰が切れたように「 剛 」の腕にしがみつく「 美雪 」の姿は、女心の炸裂といった感じで好きなシーンですね~。
BGMもグッドジョーブです。





 メンズショップでの品定めも無邪気な「 美雪 」ですが、端々に女の子っぽさを見せる意外な「 美雪 」の姿が描かれていますね。






 「 晴彦 」の言った事を確かめるためなのかどうか、「 土下座 」にやってきてしまった「 愛 」ちゃんですが、
「 剛 」なら「 美雪 」と出掛けたということを聞いて・・・・・。
何だか茫然自失状態になってしまって可哀想に。






 買い物の後で「 剛 」をゲームセンターに付き合わせたり、プリクラで写真を撮ったりとかなり積極的な「 美雪 」ですが。
プリクラの写真を見て、「 美雪 」は何を思ったのでしょうね。




 「 ねっ、先輩、公園行こっ。 」
「 ねっ、お願い。 」




 連れ回してゴメンと謝る「 美雪 」に、「 俺、わかってるだろ。 」と「 愛 」ちゃんとの事をほのめかす「 剛 」ですが。
「俺、どうしていいかわかんないんだよ。 」







「 本当は今日の事を思い出にしてさぁ、全部吹っ切るつもりにしていたんだ。 」
「 でもさぁ、こういうのって逆効果なんだよね。 」
「 先輩、大好き ! ! ❤ 」

 とうとう掟破りの「 告白 」になっちゃいましたね。
しかし、「 愛 」ちゃんとの事もあるし、「 剛 」は受け容れられない・・・・・。







 で、公園の帰り道で今度は「 剛 」と「 美雪 」が、「 愛 」ちゃんとバッティング。

「 どうして ? 」
「 何で ? 」

まさか親友の「 美雪 」が裏切ったのか ? 
「 愛 」ちゃん、完全に錯乱してしまったようです。





 そして、「 美雪 」の対決宣言ですね。
友情と愛情は別問題。

「 私、先輩を振り向かせてみせるからね ! 」
「 私、負けないもん ! !  」

いやいや、大盛り上がりのラストでした
前回の「 美雪 」の演技もさるものながら、今回のこの「 愛 」ちゃんも迫真の演技でしたね。
それに各シーンの演出も、鹿島監督の優れた手腕を感じます。
鹿島監督はもう10年近くアニメには携わっていないようですが、今どこで何をしているのでしょうか。
そして氏が昨今の恋愛アニメを作ったらどんな作品になるでしょうか。
是非見てみたい気がします。


それにしても今回は「 美雪 」びいきが影響して、「 美雪 」の画像が異常に多くなってしまいました。
反省しています。。。。。<(_ _)>


次回は第11章「 春風・・・再び 」。
「 下級生 」本編の最終回です。
「 美雪 」の涙の意味は ? そして恋の決着の行方は ?




スポンサーサイト
  1. 2012/11/11(日) 18:48:26|
  2. テレビアニメ版「下級生」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ざわざわ森のがんこちゃん | ホーム | 愛してるぜベイベ★★>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/108-fa29c17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。