HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

波打際のむろみさん 第6話 「 竜宮城とむろみさん 」


波打際のむろみさん 第6話 「 竜宮城とむろみさん 」


 

 相変わらず実にテンポが良くて 、愉快、愉快な 「 波打際のむろみさん 」 の第6話 、
今回は経営破綻で倒産した竜宮城の 「 乙姫 」 様と 「 リュウグウノツカイ 」 のお話でした 。 




 まずは従業員だった 「 リュウグウノツカイ 」 の方は竜宮城が破産して失業 。
再就職もその特異性ゆえかままならないようですね。




 「 むろみ 」 さん曰わく 、 『 こいつは私生活が何しようとかようわからん 。 』 のだそうですが、

確かに実際の魚類学でもその生態はよくわかっていないそうです 。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%A4
「 水揚げされると天変地異が起こる 」 とか 「 凶兆の証 」 とかいう特殊能力では就活のセールスポイントにはならないよねぇ
・・・・・。

それにしても 「 リュウグウノツカイ 」 がアニメのキャラクターになった ・・・・・ なんて事は 、
日本で初めてじゃないでしょうか 。 (^_^;) 
やっぱのこの作品 、只者ではない 。( 笑 )






 方や 「 乙姫 」 様は行きつけの釣具店でバイトの日々 。
債権者に追われてるのか、正体がバレないかと ヒヤヒヤビクビク の毎日のようですね 。




 被害妄想は遂に 「 琢朗 」 までも巻き込んでのブチギレ 。
これじゃあ買い物もできないよね 。






 「 乙姫 」 様の誤解をとこうと、 「 むろみ 」 さんを引き合わせると 、
「 むろみ 」 さんの方は 「 乙姫 」 様を 『 男を拐かして生気を吸い取るとんでもない女 』 と言ってるし 、
「 乙姫 」 様の方は人魚の事を 『 根も葉もない噂を流して 、 経営収入が減って経営破綻に追い込まれた 』
と言ってるしで ・・・・・。
2人は水と油 、 犬猿の仲だったんですね 。

最後のカットがいかにもギャグ漫画のカットで愉快です 。




 魚だけに尾ひれを付けすぎ ・・・・・ の駄ジャレにキレた「 乙姫 」 様と 「 リュウグウノツカイ 」 の絡みも
愉快でした 。





 結局「 乙姫 」 様と 「 むろみ 」 さんのなすりあいバトルは収拾がつかずで ・・・・・ 。

 誤解を解くために来て貰ったんだということで 、一旦は引いてもらいましたが 、この2人ののしり合い
まだまだ続くようです 。 




 いやいや、今回は「 乙姫 」 様のキャラクターがユニークでした。
こんな大衆的な 「 乙姫 」 様も珍しい 。
『 男を拐かして生気を吸い取る 』 なんて言ってたけど 、このルックスではねぇ 。
でも意外に表裏のない正直な人で 、好ましいキャラだったと思います 。
気に入りました 。( 笑 )
お話の方もいつにも増して楽しかったですね 。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/14(火) 10:34:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<波打際のむろみさん 第8話 「 癒し系 ( ? ) とむろみさん 」 | ホーム | 波打際のむろみさん 第5話 「 ツインマウンテンとむろみさん 」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/127-2db6b66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。