FC2ブログ

HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

日窒鉱山ドキュメント


 ・ 日窒鉱山ドキュメント

 「トンネルを抜けるとそこは異次元の世界であった・・・。」









群馬・長野の県境近く、旧埼玉県大滝村(現・秩父市)の山間に寂れた鉱山街の跡がある。

ここは俗称「日窒鉱山」といい、かつて隆盛をきわめた頃の社宅群や文化施設などが、そのまま廃墟として残存している。

実は「日窒鉱山」の存在は最近知ったものではなく、高校生の頃から「両神山」など奥秩父の山々に親しんでいた関係上、その名称は30年ほど前から認識してはいた。

ところが、おなじ廃校・廃村など「廃れモノ」のWEB仲間である★ター坊さん★のサイトで最近の日窒鉱山の状況を知るに至り、「これは是非とも映像に記録しておかなければ・・・。」と、JFC会友のebatom氏と連れ立って撮影におもむいてみた。

本稿はその時の映像と、前後3度に亘る下地調査の際の写真をまとめたものである。









この鉱山街は大略4つのエリアに分かれている。

下の方から順に①大黒選鉱場区エリア、②事業本部(石灰岩選鉱場)区エリア、③居住・文化区エリア、いちばん上が④硅石選鉱場区エリアとなっている。
上の2枚の写真は最上部の硅石選鉱場跡で撮影したものである。

ここを撮影中、たまたま日窒勤続50年という老従業員の方が巡回に来られ、いろいろと鉱山の昔の様子をうかがうことができた。

曰く、
「自分が入社した頃は2,000人位の従業員がいて賑やかだった。
ダンスホールや映画館、バーなどもあった。 給料が良かったので皆の生活は派手だった。
奥さん連中もツッカケで外に出ることなんかはしないで、化粧して着物に着替え、「金草履」を履いて出かけていった。
(筆者考、秩父市内へのバスでの買い物などの事を言っているのだろう。)
従業員は北海道の炭坑労働者だった者が多かった。
自分が風呂(公衆浴場)に入る時は、その人たちの陰にかくれて小さくなって入っていた。
自然破壊がうるさくなってきたので
(硅石の採掘は)止めた。」等々・・・。

こんな老従業員氏の話をふまえながら、往時を偲びつつ、以下の作品群をご覧になっていただければ幸いである。

本稿・日窒鉱山(前編)では、最も被写体的興味の強い、「居住・文化区エリア」からご案内してみることにする。







集落中央を貫く「八丁林道」より望んだ居住・文化区の景観。

手前より、鉱山病院跡、赤岩文化会館跡、廃社宅群、この奥に公民館や保育園などがある。

後方の岩峰は両神山系の「赤岩尾根」といい、首都圏でも屈指のバリエイションルートとなっている。
縦走には岩登りの技術とザイルが必要だ。









人気のない居住区エリアの中心部。
ちなみに上の写真、右上の白い建物には今でも人が住んでいる。

この鉱山は操業規模を90%以上縮小しているとはいえ、現在も稼動中の事業所である。
この場所に限らず、集落中央の公道以外は(株)ニッチツの私有地だから、立ち入りと撮影は会社の許可が必要になる。

私達の場合も最初、直接事務所には出向かず、一度市役所の観光課から電話を入れてもらい、それから現地事務所で撮影許可をもらったものである。

社員の方はとても親切で、スムーズに撮影が行なわれたのであるが、もし、これから撮影に行ってみよう、という方々も決して無断で社有地や社宅内に立ち入らぬよう、遵守をお願いしたい。

不心得者が増えて警戒が厳重になったり、しまいには立ち入りと撮影は全面的にお断り、などという事態にならぬよう、皆で協力したいものです。









文化地区南端の「鉱山病院」跡。
白い窓枠が印象的であるが、この建物は岩盤の水路の上にあり、足元がグチャグチャで床などの腐食が進んでいる。
窓が変な具合に折れ曲がっているのにお気付きのことだろう。



荒れた内部が窓から見える。
「けい肺心臓機能検査具入」などというものが放置されているのも鉱山らしい。

実はこの鉱山病院の周囲を撮影中、私とebatom氏両名に摩訶不思議な出来事がほぼ同時に起こっている。
このことについては日窒鉱山(下)の方でお話ししようと思う。









「赤岩文化会館」跡の建物。

瀟洒な洋風木造建築で、これに十字架でもあれば軽井沢の教会のようだ。
こちらも残念ながら腐食が進んでいる。



「赤岩文化会館」の内部。

舞台のタレ幕の「小倉沢地区納税完納者一同」という文字が恐ろしい。
天井が抜けて日が差し込んでいた。

さきの老従業員氏のいう、ダンスホール映画館というのはここで行なわれたイベントを指すのかも知れない。



「文化会館」の屋根。

この鉱山の建物はどれもしっかりした木造建築だが、なぜか屋根だけは社宅の一部を除くと、すべてがトタン張りである。
瓦よりトタンの方が何か都合が良かったのか、(塵灰が流れ落ちやすいとか)、理由は不明だが、そのトタンも年月を経て赤サビを生じ、無残な姿になりつつある。







事業所の地図(「下」に掲載)に「供給所」とある建物。

食料や日用品などの販売をしていたものと思われる。
建物の左半分は食堂のような作りで、これまた老従業員氏のいうバーとは、ここのところを指すものなのか?





同じく「供給所」の近撮。
明かり採り窓に錆びた屋根、年月を重ねた木目模様などが、虚しい情緒を醸し出している。



道端に咲くスズランに「供給所」を組み合わせてみた。。
殺伐とした鉱山街の風景に一服のなぐさみを与えてくれるように感じる。







「公衆浴場」跡。

「従業員並びにその家族の浴場に付き、部外者の入浴はご遠慮下さい。」とか、「社宅内での物品販売は会社の許可がないと出来ません。」とかいろいろと細かい注意書きがある。







使われなくなった「掲示板」
手前のは「労働組合専用掲示板」とあった。











廃墟となった社宅群

ここでどんな家族のドラマがあったのか、今となっては知る由もない。
鉱山を去った人達は今何をしているのだろう。









閉鎖された鉱山保育園跡。

ブランコはたぐられ、もう子供の姿はない。
この保育園横の吊り橋の奥には山神社があるというのだが、そこまでは行ってみなかった。
どうもそこに墓地があるような気がする。







閉ざされたままの消防小屋
「地域」が消失すれば「消防団」も存在できなくなる。









この学校風の建築は「丹岫寮」という。
「丹岫」の意味は不明だが、いわゆる公民館、現在でいうコミュニティーセンターのようなはたらきをしていたようだ。
ここで鉱山職員の囲碁将棋対決とか、奥様方の茶道、華道、着付け教室などが行なわれていたのかも知れない。







社宅脇に古いポストがあった。
「消費税が導入されます。」などという張り紙が今だにしてある。
果たして今でも集配に来るものなのか?どうなのか。
今度自分宛の手紙をだしてみようか・・・と思う。









「大黒選鉱場」とは、トップ写真の「素掘りトンネル」の手前にある施設で、現在も操業中であり、写真のように(株)ニッチツの社旗がはためいている。

ただ、本部前の古い地図にはたくさんの坑道が山に向かって延びているが、現在採掘はしておらず、原鉱石を製品化するだけの場所のように見えた。

「大黒社宅」というのも古い地図には記載があるが、存在を確認することはできなかった。





粉塵にまみれた施設が寄り集まっている。
鉱業については素人なので、どれが何のはたらきをする施設なのかは全くわからない。
使われていない施設も多いようだ。



「第一警備員詰所」とあるが、公道の脇に警備員詰所があるのはおかしい。
長い間使われていないように見えた。







ここはWEBでおなじみの秩父鉱山簡易郵便局
事業本部に隣接している。





本部裏手の石灰石選鉱場。
現在では、ここが鉱業事業の中心らしいが、使われていない施設も多く見受けられる。

写真上の右手は廃坑道だろう。
★ター坊さん★の撮られた写真では坑口を覆う建物が存在したが、現在は取り払われてしまっている。





「小倉沢地区TV共同聴視組合」「ニッチツ秩父労働組合」の看板のある古い建物。
廃墟化している。
部落民が皆無に等しくなれば「TV共同聴視組合」は成り立たず、社員が減れば「労働組合」も成立しない。これが現実だ。


なお、(株)ニッチツという社名の由来については、公害病で有名な「チッソ水俣」と関連がありそうな気もするが、詳しいことは関係者に聞かなければよくわからない。

社名も日窒鉱山株式会社~日窒秩父鉱業所~日窒工業株式会社~(株)ニッチツと何度かの変遷を経ているようである。

鉱山開発で企業としての基礎を築き、他分野にも進出して第2次産業の総合企業となった結果、基となった鉱山部門は赤字事業として年々操業規模を縮小させられている・・・そんな図式が見えてくるような気もする。

あくまでも憶測だが。












突然の妙な写真で恐れ入るが、これは前編の廃社宅の中に貼ってあったポスターである。
ブログのページあたり容量が一杯になったので、入り切らなかったのでこちらに回した。
キャンディーズに水谷豊。1970年代のポスターだ。







こちらは鉱山最上部の硅石採掘場である。
ご覧のような露天掘りで「自然破壊にうるさくなってきた・・・。」とあれば採掘を中止も止む無しといったところであろうか。

ましてやそれが企業にとっての「お荷物部門」であれば尚更のことだろう。



索道を操作・管理する小屋の内部。






最後に可笑しな写真を2枚ご紹介して本稿を結ぶことにする。

この写真は前編でご案内した居住・文化区で撮られたものであるが、鉱山病院の撮影中、急にシャッターが開きっぱなしになり、撮影が不能になった。

写真は、開きっぱなしになったコマから更に周囲に光線が波及したものである。
不思議なことにシャッターは家に持って帰ると直った。


また、ほぼ同じ頃、ebatom氏はリンホフ用の三脚が転倒、雲台を破損させ修理不能の状態になっている。






家に帰り、写真を整理しながら気付いたことは、「この鉱山集落には墓地がどこにあるかわからない。」ということだった。

長い歴史を持つ鉱山だからこれはおかしな話で、鉱山数10年の歴史の間には病気や事故で亡くなっていった人々もおられるはずである。

そういった方々はどのように弔われ、どのように埋葬されていったのであろうか?
少なからず疑念がわいてくる。

おそらくは人知れぬ場所に、もはや誰にもお参りされることもなく、ひっそりと眠っているのではないか?
(個人的には保育園裏の山神社あたりがあやしいとおもっているのだが。)

また、仮に働き手を失ったとすると、残された家族達は一体どうなったのであろうか?
位牌を片手にひっそりと村を去っていかなければならない・・・。
そんな厳しい現実も容易に想像できる。

この2枚の写真はそういう鉱山に散った人々の「私はここにいる!」
「誰か会いに来ておくれ!」という無言の訴えのような気がしてならない。




★ 最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 

スポンサーサイト



  1. 2005/07/05(火) 18:51:04|
  2. 日窒鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秩父34札所を往く | ホーム | 越生織物協同組合建物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/7-24cb3a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計