HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TVアニメ版「下級生」レビュー 第4章「雨雲の向こう側」


TVアニメ版「下級生」レビュー 第4章「雨雲の向こう側」


 TVアニメ版「下級生」レビュー、2回目の今回は 第4章「雨雲の向こう側」から。
画家志望で美術部部長「加納涼子」クンのちょっと爽やかなエピソードです。 




 さてその「涼子」クン、何か壁に突き当たって悩んでいるご様子。
「やっぱり駄目だわ。」と、なかなか筆が進みません。




 「剛」と「涼子」が同じお店の前でのお近づきシーン。
「涼子」のブラウスが雨に濡れてブラジャーが透けて見えちゃってますが、「私の方に顔向けないでね。」と先制のジャブを。

剛  「何か手伝える事ねぇか?」
涼子 「まぁ手伝って貰いたい事がないことはないけど・・・・・。」
の会話がきっかけとなって・・・・・。






 手伝って貰いたい事とは三科展に出品する作品の「アポロ像」、要するに男性ヌードのモデルだったんですね。
さすがにこれは女の子にとっては高いハードルかと思われます。

 裸になれという「涼子」に対し、
「じゃあ、涼子ちゃんも脱げよ。俺だけが裸になるなんて不公平だ。」の抗議に平然と脱ぎ始める涼子に慌てふためく「剛」。
「涼子」は絵に夢中になると周りが何も見えなくなるようです。






「おかしなもんだよな、男と女がひとつの部屋でこんな格好して。」のセリフにふと我に返る「涼子」クンです。




さて、翌日絵の手直しをしているところを、折悪しく「佐竹晴彦」に覗き見されてしまい・・・・・。




合成した写真を各階の掲示板に貼り付けられてしまって、学校中によからぬ噂が立っちまいました。




 でも、先生の前で嘘を言って「涼子」を庇ったり、心ない嫌がらせに、「絵なんかもうやめたっていい。」と落ち込む「涼子」に対し、

「涼子ちゃん、嘘言うなよ。
このあいだ、俺を描いたとき、俺の言ったことを真に受けちゃって、平気で服脱いだろ。
普通、そんな事できるか ? そこまで夢中になれるか ? 周りが見えなくなるほど絵を描くことが好きなんだろ ? 
こんな事くらいで簡単に止めるなんて言うなよ。
お絵かきなんて言うなよ。
絵の事はよくわかんないけど、まわりが何と言おうとも少なくとも俺は・・・・俺は涼子ちゃんが夢に向かって頑張ってるのを知ってるぜ。
ここで夢をあきらめちゃあ、何にもならねえだろうが。」

と叱りながら励ます「剛」のスタンスは、いつもながら最高にカッコイイですね。(^_^)






 翌日、再び元気になった「涼子」はまた夢に向かって歩き始めたようです。
陰湿な「晴彦」に対して「剛」は、目には目をの仕返しで・・・・・。
「晴彦」の評判はガタ落ち。(笑)


 ウーン、「涼子」の如く、爽やかな良回でしたね。
少し硬質な「涼子」役の声優さんが良い演技をしていたと思います。
最近の声優さんにはあまりいないタイプの方かと思いますが、なかなかの好演でした。

 「涼子」も地味ながらも良いキャラクターでしたね。
この回だけの使い捨てキャラだったのが残念でした。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/12(火) 21:46:03|
  2. テレビアニメ版「下級生」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TVアニメ版「下級生」レビュー 第5章「潮風のめぐりあい」 | ホーム | TVアニメ版「下級生」レビュー第3章 「夢見る若葉」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/82-b444f8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。