HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TVアニメ版「下級生」レビュー 第5章「潮風のめぐりあい」


TVアニメ版「下級生」レビュー 第5章「潮風のめぐりあい」



 TVアニメ版「下級生」レビュー、3回目の今回は 第5章「潮風のめぐりあい」より・・・・・。

夏の海は潮風と砂浜が演出する青春という名のカーニバルシアター。
熱く陽気な太陽が茜色に染まる頃、偶然出会った2人の若者。
それはさざ波に揺れる小さなめぐり合い・・・・・。





 この回から第7章「去りゆく夏」までの3話は、「愛」と「美雪」が絡む海辺のハプニングが発端となって、
「真歩子」との出会い、発展、そして別れに至るまでの「夏バージョン」で、「下級生」中盤のクライマックスと言って良いでしょう。
「真歩子」ファンのためのちょっと強引な「押し込みパート」と考えられなくもないですが、
私は大好きなんですよねー、この「夏パート」。(^_^)
そこでレビューの方も少し画像が多くなりますが、飽きずにお付き合い下さいませ。<(_ _)>




 さてお話の方は、高3の夏休みをどう過ごそうかということで。
悪友の「稔」の持ち込んだ話は、自分が予定している「海辺のバイト」と「剛」の土下座のバイトをチェンジしてくれないかという事。
これには「稔」あこがれの「美夏」さんと夏の間一緒に過ごしたいという、魂胆もあったんですねー。
ミエミエでした。
まぁ、ビキニギャルに囲まれたバイトも悪くはないと「剛」は承諾しますが、行ってみるとまるで予想とは違ったショボイ「海の家」で、
おまけに主人は人使いが荒いときたもんだ。
メニューは「焼きそば」しかないし。(笑)




 「焼きそば上がったよー。」

働きづくめでクッタクタのところに現れたのは、なぜか「愛」ちゃんと「美雪」でした。





 空き時間に楽しい時を過ごす3人。
「愛」ちゃんと「美雪」のプロポーションの良さに思わず見入ってしまいますねー。
「美雪」が黒のビキニで、しかもこれが似合っているとは良い意味で意外です。(^_^)




 さて「剛」が仕事に戻って程なくすると「先輩!来て下さい!美雪ちゃんが・・・・・。」と愛ちゃんがお店に飛び込んできました。




 駆けつけてみると、「美雪」が顔に砂をかけられたとかで、不良っぽい男2人を相手にトラブっている最中。
しかし、男2人を相手にするとは「美雪」も何て気が強いんでしょうね。





 「剛」が間に入って平和的和平を提案しますが、不良達はそうはいかないとはげしく威嚇。
ついに「一触即発!」の場面に、その様子を見ながら怪訝そうな1人の女の子がいました。
この子が誰なのかは後でわかりますよ。

すると、「止めな!お前達の負けだよ!」
と割って入ったのは「剛」のクラスメートの「橘 真由美」でした。




 この連中は私のアッシー君たちなので許してやって欲しいと。
で、「どっちが彼女?ポニーテールの子?」
「真由美」は付き合っているのは「美雪」だと勘違いしているようですが、これが終盤の伏線になっていますね。

 この「真由美」もなかなか好きなキャラなんですよ。
性格がまことにあっさりしていて、世話好きだし、あとくされないし。
ちょっと「尻軽女」らしいのが玉にキズですが。




!!!
仕事を忘れていた「剛」は即座にクビ宣告。

 「始まったとたん、俺の夏は終わっちまった・・・・・。」やけくそになって浜辺に落ちていたビーチボールを蹴ると、海へジャボンと落ちて・・・・・。




・・・・・拾ってくれたのは、先程の女の子「持田真歩子」でした。


 

 (^_^)いやー、ビーチボーイズ風の♪ Let me tell you summer girl ♪ how much I love you ♪のメロディに乗せて始まるこのシーン、
私は大好きなんですよねー。
何度見返してもイイ。
古今東西、恋愛アニメの「出会い」の場面は数多くあるけれど、このシーンは間違いなく私的ベストワンです。




 つかの間の出会いの後、「剛」はガラスの破片を踏んでしまい、足裏を負傷。
それを見ていた「真歩子」が歩み寄ってきて、唾つけとけばイイよという「剛」に対し、
「駄目です!ちゃんと消毒しとかないと!」




 「怪我してる人を放っておけないから。」
急いで救急箱をビーチカウンターから借りてきて、手当をしてくれる心優しい「真歩子」ですが、名前を聞いても「聞いてどうするんですか?

御礼をしたいと言っても「結構です。」
「それに私、喧嘩とかする人嫌いなんです。」と。
「剛」にとっては手痛いジャブでした。
ま、この誤解も後でとけますがね。




 さて、「海の家」をクビになった「剛」の次のバイトを物色中です。
クビになったのは自分も無関係ではないと、「真由美」が新しいバイトを探してくれましたが、そこはまるで「剛」には似つかわしくない「フラワーショップ」でした。
今すぐに面接に来て欲しいとの事。
「やーい、花売り息子ー。」





 乗り気のないままお店にやって来てみると、出迎えてくれたのはあの「真歩子」だったのです。
運命的な出会いですねー。(^_^)


・・・・・今話は「愛」と「美雪」の水着サービスとハプニング、それに「真歩子」との出会いと内容も盛り沢山で充実していて、実に楽しい回だったと思います。


次回7章
「かすみ草に感謝をこめて」。
「真歩子」との発展編。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/15(金) 18:00:48|
  2. テレビアニメ版「下級生」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エルフ版「下級生」~あなただけを見つめて~ | ホーム | TVアニメ版「下級生」レビュー 第4章「雨雲の向こう側」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/83-bfb8eadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。