HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TVアニメ版「下級生」レビュー 第9章 「すれちがう落ち葉たち」


TVアニメ版「下級生」レビュー 第9章 「すれちがう落ち葉たち」


  


~ 年に一度だけ、単調な学園生活にかけられる魔法、「文化祭」というめくるめく1日が幕を開ける。
繰り広げられる喧噪の中で、それぞれの重いが幾重にも交錯し、また新たな思いを生み出していく。 ~







今回は主要ヒロイン達総顔出しの楽しい「文化祭」回でしたが、そんな中、「美雪」が「剛」への思いに急激に気付き始める・・・・・
という展開が大きなポイントでしたね。
今回は特に前半部分が幾つかのお話が並行進行する構成なので、ちょっとキャプチャーとレビューがし難いのですが、順番に拾い上げてみますと・・・・・。




 文化祭では「愛」ちゃんと「美雪」のクラスはクレープ屋さんの模擬店。
「愛」ちゃんは「剛」に会いたくて仕方がないのですが、なかなか「剛」は現れません。
そこで休憩時間になった「美雪」が探しに行ってあげたという訳ですが、いるべき所に「剛」がいないと何故か「美雪」もガッカリ。

「何であたしがガッカリするんだよ ? 」
・・・・・と、この時「美雪」はまだ自分の気持ちに明確には気付いていない訳でして。




 次に「美雪」は体育館のコンサート会場に行ってみましたが、そこには「真由美」の姿が。
「真由美」の「そういゃあ、あたし最初あんたが剛の彼女なのかと思ったんだよねー。」
の言葉に戸惑いまくる「美雪」ですが、どうもおかしな歯車が回り始めちゃったようですね。




 「剛」のクラスには、ちゃっかり土下座のマスターも来てました。
目的は終夜祭のダンスパーティーで「美雪」と踊ろうという魂胆のようで。
やっぱり中年男の執着心は半端ではないのだ。(笑)




 その頃、「愛ちゃん」にミス卯月学園コンテスト出場の白羽の矢が立っちゃってました。




 先程の「真由美」の言葉が尾を引いて、急激に「剛」の事を意識し始めてしまう「美雪」です。
「変な事言うもんだから考え込んじゃったじゃない・・・・・!あいつの事好きなのは愛の方なの!」
と、何とか自分を納得させようとしますが・・・・・。
モヤモヤするばかりで。




 その頃、校舎の裏では「晴彦」が「みこ」ちゃんを口説いている最中でした。
蠅のように「みこ」ちゃんにまとわりつく「晴彦」が誠に滑稽ですね。
「みこ」ちゃん曰わく、付き合うという意味がわからないので、「剛」に相談してみるとのことで。
それを聞いた美雪、「これって、どういうこと?」







 瑞穂が辞退してしまったので、今年のミス卯月学園は「愛」ちゃん。
素敵なBGMと共に、「愛」ちゃんの着替えシーンは大サービスカットですね。(笑)
「剛」の好サポートで無事ミス卯月学園の任務も終了。




 さて、自分で自分を占う「みこ」ちゃんですが、「何かイイことありそう。」なのだそうで。




 問題のダンスパーティーの時間になりましたが、この古臭いBGM大好きです。(^_^)
でも、ミス卯月学園になった「愛」ちゃんは男子にモテモテで、容易に「剛」の近くに行けませんね。




 「みこ」ちゃんらとっての「イイこと」とはこれだったのかな。
折良く「剛」と巡り会えてペア成立。
仲良さそうにチークを踊る2人を見つけた「美雪」は気になって仕方がなく、土下座のマスターどころではありません。

「あの2人って・・・・・。」




 今度は「愛」ちゃんが「美雪」を見つけますが、「美雪」の視線の先には「剛」がいるのに気付いて・・・・・・。

「もしかして、美雪ちゃんも・・・・・」


さぁ、終幕へ向けてののドラマが始まりましたねー。(*^_^*)
まぁ、恋愛経験の乏しい体育会系女子はこの状態に陥ると極めて脆い訳でして。

それにしてもこのストーリー構成の密度の高さは素晴らしい。
今回、このレビューを書くために何度も動画を見直しましたが、何度見ても飽きないですね。
やはりこのアニメ、その完成度の高さでは比類のないものを持っているなぁ、と実感します。





 ・・・・・ところで画面を見てたら羨ましくなってきたんですが、今の高校では終夜祭に「ダンスパーティー」ってのがあるんでしょうか。(*_*)
私が高校の頃・・・・・といっても、もう40年近く前の事になりますが、ファイヤーを囲んでのフォークダンスってのはありましたけどねぇ。
ただ、公認カップル限定だったので、踊る相手のいない私は指をくわえて見てた訳でして。(涙)
文化祭を2人で回る=公認カップルという、最近よくある公式もなかったように記憶しています。




さて次回は第10章「冬の予感」。
「みこ」ちゃんの「お付き合い」の意味がわかるとともに、「愛」と「剛」との狭間に揺れ動く「美雪」の姿が見ものです。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/21(土) 17:45:11|
  2. テレビアニメ版「下級生」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TVアニメ版「下級生」レビュー 第10章 「冬の予感」 | ホーム | TVアニメ版「下級生」レビュー 第8章 「わがままな秋桜」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/89-5de329ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。