FC2ブログ

HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB

「HARIKYU’S PHOTO & ANIME CLUB」へようこそ。ゆっくりお楽しみ下さい。

TVアニメ版「下級生」レビュー 第10章 「冬の予感」


TVアニメ版「下級生」レビュー 第10章 「冬の予感」


~ 人を想う心は想い人の数だけ遍く存在する変奏曲。
少女のピュアな問いかけにただ戸惑う少年。
自分の中の別な何かの存在に気付き始める少女。
そして季節はもう冬の準備を始めていた。 ~






今回は「愛」ちゃんと「剛」との狭間に苦しむ「美雪」の姿と、「みこ」ちゃんデート回でしたが、どちらのパートも過不足無く描かれていて、
満足感もバッチリでしたね。

「みこ」ちゃんはエルフ版下級生では、ヒロインの「瑞穂」と主人公を巡って競い合うまさに正サブヒロインなのですが、
こちらのTVアニメ版では「愛」ちゃんや「美雪」を恋愛設定的にサポートする、サブのサブのヒロインに甘んじちゃっています。
どちらの設定も主人公とは結構イイ線までいきながらも、最終的にはヒロインに譲るという、ちょっと可哀想なスタンスなのですよね。
でも真の恋愛というものがわからない「癒し系」の彼女にとっては仕方のない役回りなのでしょう。(-_-;)




 前回のミス卯月学園以来、モテモテの「愛」ちゃんでして、下足箱にはラブレターが一杯。
その上、親友の「美雪」にもラブレターを渡してくれという依頼が多いようだけど、「美雪」は「愛」ちゃんの気持ちを考えて
全部断っているとの事で。
でも、「先輩のならいいけど・・・・・。」の言葉に「美雪」はちょっと複雑そう・・・・・。




 性懲りもなく「みこ」ちゃんを口説く「晴彦」ですが、あっさりと振られましたね。
「みこ」ちゃん曰わく、総画数の相性も「最悪」なのだそうで。
「みこ」ちゃん、賢明な判断でしょう。(^_^)




 さて、放課後のグラウンドで練習に励む「美雪」ですが、どうしても「愛」ちゃんと「剛」の姿がチラついてしまい・・・・・。
そんな時に「剛」に声をかけられたものだから、転んで膝を擦りむいてしまう破目に。






 怪我をさせたのは自分の責任だからと、お姫様ダッコで「美雪」を保健室に運ぶ「剛」ですが、
「美雪」はめちゃくちゃ戸惑いながらも、決して嫌ではない様子。
そうでしょうね、意識している「剛」にダッコしてもらえるのですから・・・・・。

♥ 「先輩、こんなに優しくされたら、私・・・・・。」

このあたり「美雪」の戸惑いと恥じらいが実にいじらしいので画像も多用。
そして、一部始終を見ていた「晴彦」がリベンジに燃え出しました。(笑)





 優しい「剛」の介護に「美雪」もつい流されるままにウットリと。
でも、立ち上がった時の痛みでつい「剛」に抱きついた瞬間、突然「愛」ちゃんがやってきてしまいます。




 ごく当たり前に誤解して飛び出てっちゃいましたね。
「愛、誤解だよー!」と後を追う「美雪」ですが、剛、「何か面倒なことになっちまったようだなー。ま、美雪に任せておこうっと。」
とは、いかにもライトな性格の「剛」らしい。
そしてロッカーに隠れていた「晴彦」は何となく「美雪」の気持ちを感じ取ってしまったようですなー。
何やら黒い悪巧みか。





 「こんな時には「みこ」ちゃんと話をするのが一番。」と指切り神社へ向かう「剛」。
「みこ」ちゃんはいつ何処へ行っても「癒し系少女」なのですね。

肝心の「みこ」ちゃんですが、男と女の「お付き合い」について考えている最中に眠ってしまっていたのでした。
「剛」の「試しに俺と1日付き合ってみる?」の提案に「みこ」ちゃん、大喜びですね。




 さて、翌日の日曜日、待ち合わせの「剛」と「みこ」ちゃんを目撃してしまった「美雪」。
前回のダンスパーティーの件といい、「剛」と「みこ」は付き合っているんじゃあ?と考えてしまい・・・・・。









 遊園地での「剛」と「みこ」ちゃんのデート風景です。
遊園地回の定石通り、観覧車が途中でグラリと揺れて、怪しげな雰囲気になりそうにもなったんですが、
やっぱり何処に行っても「みこ」ちゃんは「みこ」ちゃんでした。
ほのぼのとしたキャラクターは癒されますね。
「みこ」ちゃんは「お付き合い」の本当の意味をやっぱり把握できなかったみたいでした。




 その頃学校では「美雪」がモヤモヤを振り払うべく、一人練習中。
そこに「晴彦」が現れ、
「「剛」が愛と付き合っているって噂だけど・・・・・本当?」

「あの2人は・・・・・単なる先輩と後輩というだけです!」
・・・・・
「なら僕がアタックしてもいいわけか。」
「・・・・・勝手にすれば!」
・・・・・

と、潜在意識のままに受け答えをしてしまった「美雪」の複雑な心中、やっぱり女の子なんだなぁ、と思いますね。




 そして「美雪」も「剛」の事を好きなのでは?と「美雪」をちょっと疑い始めてしまった「愛」ちゃんですが、「美雪」の必死の弁解に誤解はとけたように見えます。
でも「美雪」の心中は・・・・・。






 帰りがけに「剛」と「みこ」ちゃん、それに「愛」ちゃんと「美雪」が鉢合わせ。
「愛」ちゃんの「お二人はお付き合っているんですか。」の問いかけに、「みこ」ちゃんの「あなたたちもお付き合いしませんか」の返答に2人とも「は?」
「みこ」ちゃんのお付き合いとは「友達付き合い」の意味だったんですね。(^_^;)

門限遅刻の口実合わせを「愛」ちゃんにたのんだ「剛」ですが、そのかわり「愛」ちゃんは「先輩にお願いがあるんですけど・・・・・。」
「愛」ちゃんのお願いとは・・・・・次回すぐにわかります。




 「みこ」ちゃんのお付き合いの意味を理解した「美雪」です。

「先輩、付き合っていなかったんだ・・・・・。」

「美雪」の複雑な胸中は次回いかなる形になって現れるんでしょうか。




次回は第11章「雪降る夜に・・・」

 念願叶って「剛」とのクリスマスデートにとりつけた「愛」ちゃんのピュアピュアラブ展開、片や「晴彦」とのヤケクソデートに臨む「美雪」と、クライマックス中のクライマックス前半の展開です。
お楽しみに。


スポンサーサイト



  1. 2012/08/05(日) 21:50:21|
  2. テレビアニメ版「下級生」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虫プロ=フジテレビ版 アンデルセン物語 | ホーム | TVアニメ版「下級生」レビュー 第9章 「すれちがう落ち葉たち」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harikyu.blog2.fc2.com/tb.php/90-ec97b8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HARIKYU

ミク時計

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

黒メイド時計